コミックマーケット87に参加します。

2014/12/28~30に開催されるコミックマーケット87に参加します。

日にちとスペースは以下のとおりです。
三日目30日(火) 西 う-36b です。

当日は「Dungeons&Darkness-アーリー(早期)アクセス版-」を頒布いたします。
対応OSは64BitのWindowsVista以降です。
200部程度の小部数を予定しておりますので、興味がおありの方はお早めにお越しください。
頒布価格は¥1,000を予定しています。

また、既作品の「シャンハイと謎の魔導書」も少数ですが持ち込みます。

このポスターが目印です。
main_illust

PV公開しました。

スクリーンショット

WS000000

WS000002

WS000004

WS000007

WS000020

WS000023

デジゲー博に参加します

デジゲー博2014に2014年11月16日に参加します。

スペースはC-22bになります。
東京ゲームショウにて試遊で出したタブレット(Android)に
Dungeons&Darknessを入れて持っていきます。
自由に試遊できますのでぜひおいでください

ゲームは、PC/iOS/Androidにて開発中です。

コミックマーケット87に当選しました配置は火曜日 西地区“う”ブロック-36b になります。

main_illust
イラスト:森野ヒロホームページ

東京ゲームショウ2014 闇討ちProjectアンケート結果

東京ゲームショウ2014(9/18~21)にて闇討ちProjectブースで
Dungeons&Darknessを試遊していただいた方のアンケート結果をご報告いたします。

ゲーム名:Dungeons&Darkness
展示ハード:Android端末2台
ジャンル:一人称視点ダンジョン探索型アクションRPG
発売プラットフォーム:iOS/Android/PC
開発進捗:45~50%
備考:東京ゲームショウインディーゲームコーナー用に5分でボスまで到達でき、そこで終了するバージョンを持ち込みました


アンケート回答総数130件

answer1

anwser2

answer3

answer4

answer5

answer6

7.何かお気づきの点や期待することなど有りましたら、自由に書いてください。(全回答羅列)
・Best Wishes!(成功を祈る)
・ダンジョンに敵対していないNPCが居てそいつと一緒に戦ったり、後ろからバッサリPKできたりと、そういうのがあったら良いと思いました。
・スマホ等でチビチビと長く楽しめるゲームを期待しています。
・剣を使う時も上下移動がほしい。イージーモードで敵の接近を示すモードがほしい
・スキル、レベルアップのメリットがわかりづらく感じました。親切すぎてもよくないのでバランスが難しいですが・・・。
・視点移動のスピードがもう少し遅くてもいいかなと思いました。ステータスをいつでも振り直せるのは面白いと思います。
・アクティブにしている武器を画面中央タップでも使えれば便利だと思いました!
・アイテムの個数はアイテム欄にかかれていた方がわかり易いと思った。
・システムとグラフィック共によく出来ていると感じました。キャラクターのモーションや作りこみをもっとしていければ没入感が上がるのではと思います。
・同時押しの時、右手の移動が、視点になることが2~3回あった。
・視点移動(仮想コントローラ)の感度を調整できるようにしてほしい(遅く感じたので)もう少し攻撃の当たる判定を分かりやすくしてほしい
・宝等、アイテムギミック、即判定だと、近くに敵がいたりしたら、行動できなくなると思うので、近づいてアクションでできるようにしたらやりやすいと思います。
・おもしろかったです、ありがとうございました。
・説明いただいたのでプレイしやすかった
・ゲームスピードは全体的にもう少し早いほうが好み。
・操作が慣れるまで大変だと感じました。スマホで出ましたら是非プレイしてみたいと思います。
・キングスフィールドっぽい
・慣れないと動かしづらい。当たり判定がわかりづらく、振り子トラップでダメージを受ける。
・PS Vitaの十字キーで遊びたいです。
・十字アイコンがタップ位置によって画面外に出てしまうのが少しプレイしづらい
・物理ボタンが欲しい。装備のプリセットが欲しい。ボタンの座標を変更できるようにして欲しい
・サクサク感もほしいので動きに少し早くなるアイテム等あるとうれしい。
・メッセージウインドウを閉じる時「閉じる」をタップではなく、画面のどこかをタップで良いと思います。
・これからも応援しています。
・変わったアクションが見たいかも。(単調なアクションじゃなく)
・楽しかったです。
・自転車のゲームがかなりおもしろかった。
・May be a shield for blocking.(盾ガードがあったらいいね)
・アイテムの種類の多さ
・武器の速度や敵の速度をもっと速くしてリアリティを出してもいいと思います。
・操作性の向上(物理武器でも上下が見たい。ダッシュが欲しい。アクションボタンの位置が押しにくい)。ワナを置きたかった。
・ゲームは面白いがスマホでは操作しづらい。コントローラーのあるゲーム機で遊びたい。
・ステータスなどのUIが分かりにくい部分があった。(スキル振り)
・とても操作性がいいと思いました。
・カメラの動きをもっと速くして欲しい。
・タブレットの大きさにもよりますが、ギミックの起動ボタンが中央にあり、押しにくいかなと思いました。
・ペンデュラムの当たり判定がわかりづらかった。TGSミニゲーム内だとファイアーボールが強すぎて武器の意味があまり無いように感じた。
・タッチするべきUIが少し分かりにくい。ファイアーボールが少し強すぎる気がした。近接武器のダメージを上げて欲しい。少しストーリー的なものがあると良いかなと思う。
・色んな種類の武器を使ってみたい。
・視点の変更(向きをかえるの)が左を操作しつつ気にするのが難しかったです。
・エネミーがもう少し絵的に良ければ◎
・面白かった。
・ガイコツの敵の攻撃範囲が広く避けきれずすぐピンチになった。もう少し避けやすいほうが良かった。ゲームの雰囲気は好き。
・操作というかスクロールの感度が良すぎて魔法で相手を狙い撃つのが少し難しかったです。振り子を抜けてすぐ敵を2体配置して戦わせるのは緊張感がありました。フロムのキングスフィールドをやっている感じで良かったです。製品版に期待します。ありがとうございました。
・タッチパネル操作が面白かったです。
・もう少しドラゴンの攻撃パターンと体力をあげたらもっと面白くなると思います。かなり面白いので開発頑張ってください!
・剣の時に視点を上下にも動かせるようになればいいと思います。
・攻撃が当たっているのか、またダメージを食らっているのかが少しわかりづらかった。
・操作がしやすかった。
・画質が良い。
・全体的にもっさりしている気がします。もっとサクサクスムーズに動いたらもっと楽しいと思いました。
・和風ステージ等があると楽しいと思います。
・ジョブがあると良いと思います。(メイジやファイターといったもの)
・歩行、視点移動の速度を調節できるようにして欲しい。ヒットアンドアウェイが簡単すぎるので、戦闘にバリエーションが欲しい。
・I Also Like Story.(物語があってもいいね)
・右下の移動ボタンをタップで攻撃できると良い。
・武器選択もフリック入力にしてはいかがでしょうか。
・トラップがあればもっと良いかと。
・面白い。コントローラーでサクサク遊びたい。
・CLIPPING OF DEAD MONSTERS.(敵から剥ぎ取りをしたい)
・Auto-targeting should be nice.(オートターゲッティングが良いに違いない)
・Tapping on the UI to close was hard to figre one.(閉じる為にUIをタップするのは大変だ)
・キングスフィールドっぽかった。攻撃をMISSするのは良くない。
・空気感スケール感等グラフィックの向上
・敵も主人公と同等の条件でワナにかかりますか?
・視点の移動とアクションをタップとドラッグで切り替えるといいかも?
・HARD TO USE ACTION BUTTON.(アクションボタンを使うのが大変だった)
・思ったよりも操作できた印象でした。さらによけることができたら面白そうです。
・視点操作がもっとスムーズだと嬉しいかも。
・防具などのグラフィックの変化が分かるようにカメラの視点を変更できると良いかも。
・操作しやすかった。今後のアイテムの拡充に期待。

総括
10歳以上と思われる方で、試遊して頂いて、かつアンケートを回答頂いた方が130件ですので、
実際には更に多くの方に闇討ちProjectブースにお越し頂きました。大変ありがとうございました。

質問1および2の結果から今回試遊して頂いた方のメインは20台、30代の男性ということが分かります。
これはゲームの内容、ビジュアルなどから考えても想定通りの結果となりました。

質問3の試遊してみようと思ったきっかけに関しては「面白そうだったから」という曖昧な回答を
用意しているにもかかわらず、「操作方法を試してみたかったから」という回答も多く頂きました。
今作、Dungeons&DarknessではタブレットPCやスマートフォンでプレイすると、
画面上に擬似コントローラを表示し、あたかもコンシューマゲーム機のコントローラのように
操作ができるという独特の操作感を実現しています。操作感については大変好評頂き、手応えを感じました。
また、反面厳しい意見も頂いており、さらなる改善が必要であることを再認識いたしました。

質問4、基本無料(広告、アイテム課金)と有料(買い切り)につきましては、
私どもとしましても最も意見をお伺いしたい点でありました。
結果は有料と無料で拮抗する形になりました。数値にはない体感では有りますが、
外国人や年配の方は有料を希望する傾向があり、若い方や女性を中心に
無料を希望する傾向があるように感じました。

有料であったとしたらいくらなら欲しいかという意見に関しましては、
基本無料をお答え頂いた方が低価格帯を、
有料とお答え頂いた方が中価格帯を選択される傾向にあるように感じました。

質問4,5をまとめると、有料で、400円~600円ならば欲しいという意見が最多になりました。

質問6の希望プラットフォーム、こちらは3DSを解答欄に用意していなかったことが不手際でした。
ただ、PS Vitaでプレイしたいという回答を多く頂いており、
またその他の欄に3DSと回答された方も何人かいらっしゃいます。
そのため、携帯ゲーム機でプレイしてみたいと考える方が多くいらっしゃるのではないかと読み取れます。

質問7のお気づきの点は全ての意見を掲載させていただきました。
一つ一つへの返答は控えさせていただきますが、全体的に操作感や雰囲気に関するもの、
こうしたら面白いのではという数々の貴重な意見をいただき眼を見張るものがありました。

アンケート全体を通して、全ての意見を汲み上げることは出来ませんが、
これからの開発に役立てさせていただきたいと考えております。

この度は東京ゲームショウ2014インディーゲームコーナー
「闇討ちProject」へお越しいただき誠にありがとうございました。

東京ゲームショウ2014お疲れ様でした

闇討ちProjectは今回、東京ゲームショウ2014インディーゲームコーナーに出展してきました。
IMG_0263
全部で4日間参加でAndroid端末2台を試遊用に用意、チラシも大目に千枚用意しました。
そんなに試遊して頂けるとは思ってなかったのですが、インディーゲームコーナーが大盛況なのもあってか当ブースへもかなりの人がプレイしに来てくださいました。
チラシはおかげ様で4日目の早いうちになくなってしまいそうになり、配るのをセーブしたほどです。
外国人の方も多くプレイして頂き操作説明に片言の英語だったのですが同じゲーム好きなのですぐ理解してくれました。
最初は2人で大丈夫かなと思っていたのですが後半になって疲れがでてきて仲良くさせて頂いている同人音楽サークルlittle white snow様に手伝っていただきました。
(その節はありがとうございました。)
今回、疲れましたけど楽しかったしメディアに取材される貴重な経験もできました。
名刺交換して頂いた方々ありがとうございました。今後共よろしくお願いいたします。

プレイして頂いた後、アンケートを書いていただきました。
こちらも後日公開したいと思います。

[TGS 2014]ダークな世界を一人称視点で冒険するスマホ向け3DダンジョンRPG「Dungeons&Darkness」

東京ゲームショウ2014 インディーゲームレポート 前編

TGS2014:Hands-On With ‘Dingeons And Darkness’

IMG_0271
Game*Sparkとインサイドの「TGS Awards 2014」、ノミネート出展社

東京ゲームショウ2014インディーゲームコーナー出展のお知らせ

東京ゲームショウ2014(以下TGS)の
インディーゲームコーナーに出展させて頂くことになりました。

main_illust
イラスト:森野ヒロホームページ

出展タイトルはDungeons&Darkness(ダンジョンズアンドダークネス)です。
ダークファンタジーな世界を舞台にした3DダンジョンアクションRPGで、
一部に根強い人気を持つ一人称視点とタッチパネルを巧みに使用した操作感が特徴です。
一人称視点による臨場感のあるダンジョン、緊迫したバトルと爽快なアクションを楽しめます。
また、ゲームを盛り上げるダークな雰囲気とグラフィックも見どころです。

プラットフォームはiOS、Androidまた、PC版も予定しています(価格未定)

9月18日~21日の4日間、
インディーゲームコーナー「3-C1-86 闇討ちProject」にてお待ちしております。

当日はTGSバージョンを試遊できます。
アンケートに答えて頂いた方に限定グッズをプレゼント!
(なくなり次第終了)

この機会に是非、Dungeons&Darknessの世界を体験してみませんか?

Screenshot1

Screenshot2

Screenshot3

Screenshot4

Screenshot5

東京ゲームショウ2014への参加について

今回、東京ゲームショウ2014にて申し込みを行っておりました
インディーゲームコーナーの選考に受かりました。
現在作成中のRPGの序盤をプレイできるようにして持っていきます。
現在公開中のPVは古くなってしまいましたので新たにPVを作成する予定です。
作成しましたらWEBと東京ゲームショウで使用したいと思っています。
140715-1
罠とか……
140725-2
ボスとか……