【 特記事項 】INFORMATION
Ver3.0をリリースしました!

ゲーム実行時に自動でアップデートが行われます。
※ 現在ver2.09をお持ちの方は自動アップデートが正常に動作しません。
大変申し訳ありませんが、一度ゲームを削除していただき
再インストールをお願いいたします。
ver2.08以下をお持ちの方は問題ございません。

日本語、英語両対応版がSteam様、PLAYISM様で配信中です。よろしくお願いします。
・Steam様PLAYISM様
※PLAYISMで購入されるとSteamキーが付属がしています。


〇主な修正内容は以下の通りです。
・武器、盾、防具を大幅に追加しました。

・敵のAIの修正。攻撃方法やモーションの追加を行いました。 

・UIを全体的に変更しました。

・クエストの途中でキャンプを設置できるようになりました。
各クエストごとに自動で規定数配布されます。
ダンジョン内で戦闘不能時にキャンプを設置した時点の情報でリスタートできます。
(チェックポイント機能)

・武器防具に特性を追加しました。
武器防具に付くパラメータ補正を廃止し、
斬撃、殴打などの特性や火、氷などの属性、対悪魔、対物質などの
種族特性が付くようになりました。
併せてアクセサリでのパラメータ上昇を上方修正しました。

・敵モンスターの弱点、耐性の追加および可視化しました。
敵を攻撃した際に、それが弱点や耐性であった場合
判明していくようになりました。
ステータス画面の解析率に反映されます。

・所持重量を装備は所持数へ、道具は所持重量へ分離(過所持不可)しました。
武器、防具、アクセサリは合計で30個まで所持できます。
(道具は従来通り拡張バッグの購入や当該スキルの取得で
所持重量を増やすことができます)

・スロットの動作見直し(スロット数、スロット切り替えなど)
道具屋にてスロット拡張バッグを購入することで最大4つまでスロットを
拡張していく方式に変更しました。
マウス&キーボード操作であれば数字の5キー、
PAD操作であれば左スティックの押し込みにてスロットを切り替えることができます。

・パラメータ「敏捷力」の取り扱いを変更しました。
推奨敏捷にて攻撃速度が変わるシステムを廃止しました。
敏捷力にて変化があるのは移動速度および弓の攻撃力です。

・防具の重量について。
装備している防具の重量の合計が大きいほど移動速度が低下します。
パラメータ「敏捷力」の値が大きいほど移動速度が増加します。

・矢の取り扱いを変更しました。
矢の重量が0から1へ。装備、矢筒を追加しました。
弓を使用するには弓と矢筒を両方スロットにセットする必要があります。
どの矢筒にも補充する矢は共通です。

・レベルアップによるパラメータの上昇率を変更しました。

・ドロップしたアイテムや収集品を自動取得するようにしました。
重量の超過時を除いてドロップしたアイテムや蒐集品を自動で取得するようにしました。
画面右上に一定時間取得したものが表示されます。

・チュートリアル表示方法を見直しました。
ゲーム中に自動で表示するのではなく、一つ目のダンジョンに点在する石碑を読むことで
あとで見返すことができるようにしました。また、読むことで報酬として経験点を得られます。

・敵モンスター配置、蒐集品ドロップ率の見直し。
敵モンスターの配置によりランダム性を持たせるとともに、
ゲームパフォーマンスの向上を図りました。
一部のドロップしにくく設定されていた蒐集品を獲得しやすくしました。

・プレイヤーの挙動を修正しました。
攻撃の先行入力、一部の武器の振るい方の変更や、新武器の登場など。
プレイヤーが攻撃を受けた際にノックバックしないようになりました。

・経験点の取得システムを見直しました。
キャンプツールの登場により以下のように変更になりました。
経験点はまずEvil Soulとして蓄積しこのEvil Soulは戦闘不能時にドロップしてしまいます。
キャンプの設置や街への帰還を行うとEvil Soulは経験点へと変換されます。
(経験点はドロップすることはありません)

・クリア後、ラストダンジョンにも自由に入れるようにしました。
エンディングの後、街に戻るようにし、ラストダンジョンにも自由に入れるようになりました。

・片手メイス、両手メイスを追加しました。
どちらも一度の攻撃でスタミナを100%使用するかわりに攻撃力が高く設定されています。
片手メイスは盾でシールドバッシュができない代わりに盾のゲージの減少が極めて少ないです。
両手メイスのサブアクションは現在未実装です。

〇その後のアップデート予定
・両手メイスのサブアクションの実装。
引き続き動作パフォーマンスの改善、要望の反映やバグ修正

〇実装の保留
・クエストのリプレイ
ラストダンジョンに自由に入れるようになったため、
クエストのリプレイは保留とさせてください。




ダウンロードのタブより体験版が利用可能です。
お使いのPCでの動作確認やゲームの雰囲気の確認をしてみてください。


▼アーリーアクセス版をお持ちの方へ
製品版にアップデート可能です。
ゲームを起動すると自動的にアップデートを開始します。
	
【 作品情報 】作品概要
玄人ゲーム制作サークル「闇討ちProject」新作3DダンジョンRPG!!


暗く凶悪なダンジョンに潜り、
    ダンジョン最奥に潜む巨大な闇を討て!


   1人称視点3DダンジョンアクションRPG

[ Dungeons & Darkness ]



〜物語〜

この世界は、不幸で溢れている・・・。
国同士は争い、人々は殺し合い、奪い合い、貧困に喘いでいる。

人々は口々に云った。

この世界には多くのダンジョンが存在する。
そしてその奥地に潜む邪悪な存在が世界中に災厄をまき散らしている。
邪気にあてられた人々の心は荒み、この世界を混迷に陥れているのだ、と。

猛者達はダンジョンを探し出し、その奥地を目指した。
ある者は奥に潜む邪悪な存在を打ち破り、世界の平和を願った。
またある者はまだ見ぬ財宝を求め、己の富を願った。
またある者は・・・。

時に難攻不落のダンジョンが存在し、その存在故に世界中に伝わり、
周囲に人、物、金が集まった。
そこには当然のように「街」が形成され、富と、安定が生まれる。
歪な世界を象徴するような街が今ここにある。

世界中に振りまかれる災厄を絶ち、少しでも世界を平和に近づけることができれば・・・。

そう願うあなたもまた、この街に降り立ったのだった。


	
【 作品情報 】PV

	
【 作品情報 】ジャケット
じゃけっとー

【 作品情報 】作品詳細
タイトル

: Dungeons&Darkness
  (ダンジョンズ&ダークネス)
ジャンル : 1人称視点3DダンジョンアクションRPG
対象年齢 : 全年齢
発売日

: 2015/08/16 (イベント頒布)
  2015/11/27 (Ver2.0)
  2017/01/06 (Ver3.0)
配信日 : 2016/09/30
対応OS

: Windows 8(8.1) / 7(SP1) / Vista(SP2)
  (64bit環境必須)
ネットワーク : アップデートの際に要ネット環境
操作方法

: マウス+キーボード操作
  XBOX360コントローラ対応


【 作品情報 】 必須動作環境
CPU : Core2Duo2.0GHz以
MEM : 2GB
VGA : nVidia GeForce9600GT
  (オンボードグラフィックは動作保証対象外)
LCD : 解像度 1280 * 720
ODD : CD-ROM
グラフィッククオリティはオプションから変更可能です。
上記の環境を満たしていても動作を保証するわけではありません


【 作品情報 】制作スタッフ
企画・制作 [ 闇討ちProject ]

プログラム Fami 闇討ちProject
ジャケットイラスト 森野ヒロ H-M-P-Y
UI・ジャケット・ロゴデザイン 2tom little white snow
音楽 海老スパ little white snow
音楽(コーラス) まい ふわふわな毎日


【 リンクについて 】
リンクに関しましては下記URLにて御願い致します。
バナーは御持ち帰り・直リンクOKです!宣伝宜しく御願いします!!

□ URL : http://yproject.sakura.ne.jp/DD/

□ BANNER - 500x100 
http://yproject.sakura.ne.jp/DD/bn1.jpg


□ BANNER - 400x80
http://yproject.sakura.ne.jp/DD/bn2.jpg


□ BANNER - 200x40
http://yproject.sakura.ne.jp/DD/bn3.jpg


	
【 更新履歴 】
2017/01/06 ゲームver3.0公開
2016/09/26 Steam版、PLAYISM版
       カミングスーンページ公開
2015/12/10 体験版公開
2015/08/28 ショップ情報を更新
2015/08/26 ショップ情報を掲載
2015/08/03 アーリーアクセス版の
       アップデートに伴う更新
2015/07/08 PV更新
2015/07/01 サイト更新
2015/02/27 ゲームver0.51公開
       サイト更新
2014/12/31 公式サイト公開
2014/12/28 プレサイト

	
【 制作者リンク 】
■ 企画・プログラム

■ ジャケットイラスト


■ 音楽・UI/ロゴデザイン