作成者別アーカイブ: yproject

東京インディーフェスいってまいりました。

IMG_0315

秋葉原で開催された東京インディーフェスいってまいりました。

前回は出展者側で参加した東京インディーフェス、今回は一般参加者側で遊びにいきました。
出店者側だと自分のブースにかかりっきりでなかなかほかのブースの作品を遊べないんですよね

実際にはあいさつ回りとかあったりしたので実際はそこまで遊んではないです。

いくつか回ったので……
神奈川電子技術研究所さん
IMG_0317
老舗の神電研さんです。
コンスタントに作品をリリースされている同人サークルさんです。
このアガルタに関しては、時間をかけているみたいです。
みた所完成している感じにも見えますがこだわりを入れているのでしょう、完成が楽しみです。

St.α-Line(スタジオ アルファライン)さん
IMG_0316
占星魔術白書シリーズっていうRPGを出しているサークルさんです。
聞いたら1年に一本というペースでゲームをリリースされているそうで驚きました。
コンシューマーにもリリースされるみたいです。
写真は新作のアクションゲームって事でした。

PLSYISMさん
IMG_0318
うちのゲームを出させていただいているPLAYISMさんです。
Hyper Light Drifterというゲームを出展されていました。
ローカルマルチができるとの事で知らない人とプレイさせていただきましたが
大盛り上がりでした。面白かったです。
難易度は高かったです。途中で操作にも慣れてきたのですが気を抜くと攻撃をくらうので緊張感がすごかったです。

INSIDE SYSTEMさん
IMG_0319
魔神少女などをだされているINSIDE SYSTEMさんです。

撤収作業中に対応していただきありがとうございました。
次のイベントではゆっくり話せるといいですね

HZ3 Softwareさんです。
IMG_0321
スマホでStrenge Telephoneというゲームをリリースされています。
けっこう話題になった作品でしたのでお話を聞きたいと思いご挨拶に伺いました。
そこでStrenge Telephoneのアップデートのお話とか次回作のお話を
聞かせて頂きました。
今後ともよろしくお願いします。

Cherrymochiさんです。
IMG_0322
チラシを配っていたので寄りました。
東京ダークという作品のようです。
ポイント&クリック方式で選択によってエンディングが変わるみたいです。
こういうゲームは大好物なので期待しています。
発売は近日中らしいです。

以上、いろいろ刺激をいただきました。
みんなどのゲームも面白そうで開発者のゲームにタイスる工夫と信念を感じました。

他にはうちが開発中の新作についても話せたり内容についても好感触だったのでモチベーションアップにつながりました。
さぁ明日からまた頑張ろう!

Dungeons & Darkness Ver3.0リリース!

ついにver3.0をリリースしました!
ゲーム実行時に自動でアップデートが行われます。

※ 現在ver2.09をお持ちの方は自動アップデートが正常に動作しません。
大変申し訳ありませんが、一度ゲームを削除していただき再インストールをお願いいたします。
ver2.08以下をお持ちの方は問題ございません。

3ab5109c35ff52ce31e4f3b3420e5164ab4e0167

72cfc3a40580cbf2b8761ddfadc90f0d0ee9b168

〇主な修正内容は以下の通りです。
・武器、盾、防具を大幅に追加しました。

・敵のAIの修正。攻撃方法やモーションの追加を行いました。

・UIを全体的に変更しました。

・クエストの途中でキャンプを設置できるようになりました。
各クエストごとに自動で規定数配布されます。
ダンジョン内で戦闘不能時にキャンプを設置した時点の情報でリスタートできます。
(チェックポイント機能)

・武器防具に特性を追加しました。
武器防具に付くパラメータ補正を廃止し、
斬撃、殴打などの特性や火、氷などの属性、対悪魔、対物質などの種族特性が付くようになりました。
併せてアクセサリでのパラメータ上昇を上方修正しました。

・敵モンスターの弱点、耐性の追加および可視化しました。
敵を攻撃した際に、それが弱点や耐性であった場合、判明していくようになりました。
ステータス画面の解析率に反映されます。

・所持重量を装備は所持数へ、道具は所持重量へ分離(過所持不可)しました。
武器、防具、アクセサリは合計で30個まで所持できます。
(道具は従来通り拡張バッグの購入や当該スキルの取得で所持重量を増やすことができます)

・スロットの動作見直し(スロット数、スロット切り替えなど)
道具屋にてスロット拡張バッグを購入することで最大4つまでスロットを拡張していく方式に変更しました。
マウス&キーボード操作であれば数字の5キー、
PAD操作であれば左スティックの押し込みにてスロットを切り替えることができます。

・パラメータ「敏捷力」の取り扱いを変更しました。
推奨敏捷にて攻撃速度が変わるシステムを廃止しました。
敏捷力にて変化があるのは移動速度および弓の攻撃力です。

・防具の重量について。
装備している防具の重量の合計が大きいほど移動速度が低下します。
パラメータ「敏捷力」の値が大きいほど移動速度が増加します。

・矢の取り扱いを変更しました。
矢の重量が0から1へ。装備、矢筒を追加しました。
弓を使用するには弓と矢筒を両方スロットにセットする必要があります。
どの矢筒にも補充する矢は共通です。

・レベルアップによるパラメータの上昇率を変更しました。

・ドロップしたアイテムや収集品を自動取得するようにしました。
重量の超過時を除いてドロップしたアイテムや蒐集品を自動で取得するようにしました。
画面右上に一定時間取得したものが表示されます。

・チュートリアル表示方法を見直しました。
ゲーム中に自動で表示するのではなく、一つ目のダンジョンに点在する石碑を読むことで
あとで見返すことができるようにしました。また、読むことで報酬として経験点を得られます。

・敵モンスター配置、蒐集品ドロップ率の見直し。
敵モンスターの配置によりランダム性を持たせるとともに、ゲームパフォーマンスの向上を図りました。
一部のドロップしにくく設定されていた蒐集品を獲得しやすくしました。

・プレイヤーの挙動を修正しました。
攻撃の先行入力、一部の武器の振るい方の変更や、新武器の登場など。
プレイヤーが攻撃を受けた際にノックバックしないようになりました。

・経験点の取得システムを見直しました。
キャンプツールの登場により以下のように変更になりました。
経験点はまずEvil Soulとして蓄積しこのEvil Soulは戦闘不能時にドロップしてしまいます。
キャンプの設置や街への帰還を行うとEvil Soulは経験点へと変換されます。
(経験点はドロップすることはありません)

・クリア後、ラストダンジョンにも自由に入れるようにしました。
エンディングの後、街に戻るようにし、ラストダンジョンにも自由に入れるようになりました。

・片手メイス、両手メイスを追加しました。
どちらも一度の攻撃でスタミナを100%使用するかわりに攻撃力が高く設定されています。
片手メイスは盾でシールドバッシュができない代わりに盾のゲージの減少が極めて少ないです。
両手メイスのサブアクションは現在未実装です。

〇その後のアップデート予定
・両手メイスのサブアクションの実装。
引き続き動作パフォーマンスの改善、要望の反映やバグ修正

〇実装の保留
・クエストのリプレイ
ラストダンジョンに自由に入れるようになったため、クエストのリプレイは保留とさせてください。

以上です。

よろしくお願いいたします。

闇討ちProject

C89情報

Dungeons & Darknessを頒布します。
お持ちの方は先日公開しましたVersion2に
アップデートする事ができます。

新作は作り始めた段階です。
ジャンルはオンラインシューティング?
151226

ダンジョンズ&ダークネス体験版公開

Dungeons & Darkness公式HPの方で体験版を公開しました。
公式HPへのリンクはトップ記事のInformationからどうぞ。

ひとつ目のダンジョンまでがプレイできます。
購入前にお持ちのPCでの動作確認や、
ゲームの雰囲気などを体験してみてください。

なおセーブデータは製品版にそのまま引き継げるようにしてありますが、
この辺りは予告なく変更される可能性がありますことをご了承ください。

Dungeons & Darkness Intel(R) HD Graphics 3000での動作につきまして※アップデートにより動作するようになりました

Dungeons & Darkness Version2.00につきまして
Intel(R) HD Graphics 3000 で起動時クラッシュする現象が確認されます。
アップデートパッチを準備していますので今しばらくお待ち下さい
※アップデートにより動作するようになりました

Dungeons & Darkness Version2

Dungeons & Darkness Version2にアップデートしました。
ゲームをお待ちの方はそのまま自動更新されます。

いろいろ変わっているのでぜひプレイしてみてください
そしてよければ感想などを頂けるとうれしいです。

バージョン2

Dungeons & Darknessのバージョン2の開発を決定しました。
バージョン2は現在頂いているご意見を参考に遊びの密度を増やした
バージョンになります。
現在はクエストをツリー方式で選択できるシステムをテストしている段階です。
他にもいろいろ遊びやすくしたり、機能を増やしたりボリューム満点です。
アップデートは無料でできますのでもう少しお持ちください